本文開始

ニュース

お知らせNotice

トップ > ニュース > お知らせ

ネットマーブル、App Annie調査による2020年のトップパブリッシャー6位にランクイン―5年連続のトップ10入り

 ネットマーブルは、アプリ市場のデータや分析ツールを提供しているApp Annieが調査した「2020年のトップパブリッシャー52社」部門で6位にランクインしたことをお知らせいたします。
 このランキングは、2019年の世界モバイルゲーム市場における売り上げに基づいて選ばれています。

 App Annieが発表したデータによると、昨年、ネットマーブルのApp StoreとGoogle Playでの売上は、Tencent、NetEase、Activision Blizzard、Supercell、バンダイナムコに続く6位でした。
 ネットマーブルは、2015年、App Annieによるトップ52のパブリッシャーに初めてランクインし、今回発表された2019年のランキングを含め、世界のモバイルゲーム市場におけるトップ10のパブリッシャーに5年連続で選ばれています。

 ネットマーブル共同代表のイ・スンウォンは、「『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』、『THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR』、『BTS WORLD』などは、差別化されたゲームクオリティによって、グローバル市場で多大な成果を達成しました。今年は、『KOONGYA Draw Party』、『A3:Still Alive』、『Seven Knights Revolution』、『二ノ国:Cross Worlds』、『Stone Age M』(開発中タイトル)など、自社ブランドや世界的に有名なIPをベースとした様々なゲームを通じて、国際競争力の強化に一層注力します」と語りました。

 ネットマーブルは、最新のAAAモバイルゲームで世界市場で大きな成功を収めています。2020年3月3日に150以上の国で配信を開始した『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』(日本では2019年6月4日より配信中)は、全世界で1週間に300万ダウンロードを記録しました。また、北米のiOSセールスでは10位、フランスのApp Store、Google Playでは1位となり、主要市場を含むグローバル市場でも人気を集めています。

・App Annie公式サイト:Newsページ
 https://www.appannie.com/en/insights/app-annie-news/top-52-app-publishers-2020/

◆本件に関するお問合わせ◆
ネットマーブルジャパン株式会社 広報担当
E-mail:press@netmarble.jp